6月22日 朝 ~梅雨本番ですね。北日本を除いては、ぐずついた天気!

おはようございます。

ご無沙汰しております。いよいよ梅雨本番となってまいりましたね。

それでは、まずあさ3時の天気図をご覧下さい。

実況天気図
大陸からのびる梅雨前線は、関東の南の海上まで伸びて、四国の南の海上と、九州西部には、キンクができ、弱いですが、低気圧の中心となっています。
前線に向かって、南側では、暖かく湿った空気が、流れ込み、持続的に雨が降る続いています。
そのため、九州南部を中心に、多いところで、200mm以上の雨となっています。
土砂災害、低地の浸水、河川の増水・氾濫にご注意くださいね。現在、大雨警報が九州西部・南部と長野県中部と北部で出ております。
雨は前線を中心に、南側で多くふります。北側は、しとしととふる雨や曇天となることが多いです。前線の位置と雨雲の動き、風の方向などに注意してみてください。
今晩9時の天気図も見てみましょう!
24時間予想図 平成 26年 06月 22日 21時の予想
24時間予想図

 

梅雨前線をともなう低気圧がひとつにまとまり、日本の東の海上へ発達しながら進んでいます。しかし、本州から前線が、少し南にいどうしていますので、雲は多いですが、少し雨は弱まったり、曇天となるところが多いでしょう。

それでは、きょうの天気です。

北日本は、比較的穏やかな天気となりそうです。九州南部から関東までの太平洋側では、雨が一時強くなる場所もありますので、ご注意ください。九州南部では、大雨警報が出ています。とくに午前中は、猛烈な雨となりそうですので、引き続き、土砂災害、低地の浸水、河川の増水・氾濫にご注意ください。

それ以外の地域でも、ぐずついた天気となるでしょう!!

明日は、梅雨前線が、南の海上に移動し、本州から離れるので、鹿児島を除いて、曇りか晴れる所が多くなりそうです。

きょうの気温です。

東日本・西日本では、25度前後と夏日となります。ムシムシとしますが、昨日よりは低く、そこまで暑さは、感じないでしょう。

北日本は、過ごしやすい陽気となります。

 

最後に週間予報です。

予報期間 6月22日から6月28日まで

 北日本は、期間の中頃にかけて高気圧に覆われて晴れる所が多いですが、期間の終わりは気圧の谷の影響で曇りの日が多いでしょう。
 東日本と西日本では、気圧の谷や梅雨前線の影響で雲が広がりやすく、雨の降る日があるでしょう。なお、西日本では、明日(22日)は大雨のおそれがあります。
 沖縄・奄美は、梅雨前線や湿った気流の影響で雲が広がりやすく、雨の降る所がありますが、明日(22日)と期間の後半は高気圧に覆われて晴れる所があるでしょう。
 最高気温・最低気温ともに、平年並か平年より高いですが、西日本では平年より低い所があるでしょう。

 気象庁引用

詳細は、http://www.jma.go.jp/jp/week/

            をご覧下さい。

 

今後、気象災害が多くなる季節に突入します。とくに、梅雨の終わり頃には、警戒してください。

また、この時期は、天気解説をマメにしたいと思いますので、ご覧くださいね。

ではでは。